福岡市 借金返済 弁護士 司法書士

福岡市に住んでいる方がお金・借金の悩み相談をするならどこがいいの?

借金をどうにかしたい

自分1人ではどうしようもならないのが、債務・借金返済の問題です。
金額が多くなり、金利くらいしか返済できない。
借金返済に関しては、一人で悩んでいても解決は難しいものです。
福岡市の人も、まずはネットの無料相談で、弁護士や司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、ネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるのではないでしょうか。
もちろん、福岡市に対応している法律事務所・法務事務所をここでは紹介しています。
1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に相談することが、借金解決への近道です。

福岡市に住んでいる人が借金や債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

福岡市の多重債務や借金返済解決の相談なら、この事務所がおススメ。
弁護士が対応してくれて、全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることも可能です。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、債務の悩みについて相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、債務や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に合った方法で借金や多重債務の問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などを一切支払わなくてよいので、お得に解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので福岡市の方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



福岡市周辺の他の法務事務所・法律事務所を紹介

福岡市には他にも複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●宮地司法書士事務所
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16-13上ノ橋ビル5F
092-402-3355

●司法書士マインド法務事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目6-23
092-724-3645
http://mind-law.com

●かじ司法書士・行政書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目8-10ライオンズマンション舞鶴第22F
092-741-1850

●州都綜合法務事務所(司法書士法人)
福岡県福岡市中央区今泉1丁目22-13
092-406-4407
http://shuto-office.com

●豊福隆司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴2-4-13九州DKビル2F
092-781-6271
http://office-toyofuku.com

●長谷川忠総合法務事務所
福岡県福岡市中央区荒戸2丁目4番51005号
092-751-1381
http://www5e.biglobe.ne.jp

●あい司法書士法人・福岡
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目6-15日新ビル4階
0120-260-810
http://ai-lpo.net

●金山国際司法書士事務所
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目15-5駅前二丁目ビル5F
092-433-1220
http://kanayama-international.jp

●馬場綜合法務事務所
福岡県福岡市南区野間2丁目5-5ジュネス野間1F
092-512-5718
http://members.jcom.home.ne.jp

●谷口司法書士事務所
福岡県福岡市中央区長浜2丁目3-1ネオハイツ舞鶴ノール5F
092-762-3210

●池田信一郎司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目6-23サンハイツ舞鶴4F
092-724-7754
http://968-low.jp

●司法書士だいふく法務事務所
福岡県福岡市博多区比恵町2-24
092-432-3567
http://daifuku-law.com

地元福岡市の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、相談しやすいのではないでしょうか。

福岡市在住で多重債務や借金の返済に困っている方

借金があんまり大きくなると、自分だけで返すのは困難な状況に陥ってしまいます。
あちらで借り、こちらでも借り、多重債務で借入金がどんどん多くなっていくと、もやは金利を払うのさえ難しい…。
一人で完済するぞと思っても、どうしようもないことはどうしようもありません。
親や親類などに頼れればいいのですが、結婚をもうしていて、旦那さんや奥さんには知られたくない、なんて状態なら、さらに大変でしょう。
そんな状態ならやはり、司法書士や弁護士に依頼するしかないのではないでしょうか。
借金を返済するための知恵や計画を捻出してくれるでしょう。
毎月の返済金を減らしてもらい、長期返済できるようにしたり、過払金を返還してもらって、返済金額を減額してもらったり、などです。
どうしようもない状況なら司法書士や弁護士に相談してみましょう。

福岡市/債務整理の依頼は弁護士がいいの?|借金返済

債務整理とは、借金の返金がきつくなった場合に借金をまとめることで問題から逃れられる法律的な進め方です。債務整理には、自己破産、民事再生、過払い金、任意整理の四種類のやり方があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債務者と債権者が直接話し合いをし、利息や毎月の返済金を縮減する手法です。これは、出資法・利息制限法の2種類の法律上の上限利息が異なっている事から、大幅に減らすことが出来るのです。話し合いは、個人でもする事が出来ますが、一般的には弁護士の先生に依頼します。経験豊かな弁護士の先生であれば依頼した時点で困難は解決すると言っても言いすぎではないでしょう。
民事再生は、今の状態を裁判所に了承してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮してもらう制度です。この場合も弁護士にお願いしたら申し立てまで行う事ができるので、債務者の負担は軽減されるのです。
自己破産は、任意整理また民事再生でも返済出来ない多くの借金がある場合に、地方裁判所に申したてをし借金をゼロにしてもらう制度です。この場合も弁護士にお願いしたら、手続きも快調で間違いがないでしょう。
過払金は、本来であれば返済する必要がないのに貸金業者に払いすぎた金のことで、司法書士や弁護士に依頼するのが一般的なのです。
こういうふうに、債務整理は貴方に合う方法をチョイスすれば、借金のことばかり気にしていた毎日から逃れて、人生の再出発を切ることも可能です。弁護士事務所によって、債務整理や借金に関して無料相談を実施している処も在りますから、尋ねてみてはどうでしょうか。

福岡市|自己破産のリスクってどんなもの?/借金返済

はっきし言って世間一般で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。高価な車、土地、マイホーム等高額な物は処分されるのですが、生活していく中で必ず要る物は処分されないです。
又20万円以下の貯蓄は持っていていいのです。それと当面数箇月分の生活するために必要な費用百万未満ならば持って行かれる事はないです。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれも極一部の人しか見てないのです。
又いうなればブラック・リストに掲載されしまい7年間程度の間キャッシングもしくはローンが使用できない状況になるが、これは仕方無い事なのです。
あと決められた職に就職出来ないと言うことも有るのです。だけれどもこれも特定の限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返金する事の出来ない借金を抱え込んでいるのであれば自己破産を進めるというのも1つの手口でしょう。自己破産を進めればこれまでの借金が全部無くなり、新たに人生をスタートするということで長所の方が多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として司法書士・弁護士・公認会計士・税理士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限とし遺言執行者・後見人・保証人にもなれないです。また会社の取締役等にもなれないのです。けれどこれらのリスクはほぼ関係ない場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きな物じゃない筈です。

関連ページの紹介